脱毛をする場合の自己処理のリスクについて

MENU

自己処理は御旗のトラブルを引き起こす?!

脱毛をされる方の中には自己処理を行う人がきっと多いでしょう。

サロンに通うということはなんとなく贅沢な気がして自己処理で済ませるものならそのほうが・・・・なんて。

 

でも最近では自己処理はお肌に良くなく、またトラブルも引き起こす可能性が言われています。
それでは自己処理を行うとどのようなトラブルが起こるのでしょうか?

 

カミソリや毛抜きで自己処理をする場合のリスクとは

まず、自己処理で一番多いカミソリの使用で、毛を剃った部分の肌が乾燥するのは知られています。

 

カミソリで毛を剃る時に、皮膚を守る角質層や脂質も一緒に削ぎ落してしまうのです。
毛を剃った所から乾燥し肌バリヤが失われる事が原因になっています。
他にもカミソリで脱毛の自己処理をすると、色素沈着や埋没毛になり、肌荒れとなることもあるのです。

 

また脱毛で毛抜きを使われる方もいらっしゃいます。特に両ワキなど毛抜きで抜けば生えてこないし簡単などと安易にする傾向にあります。
確かに毛抜きは、角質層を傷める事はありませんが、毛穴に雑菌が入り込むことがあり、毛嚢炎になるかもしれません。

 

毛嚢炎は、毛抜きで毛を抜くことによりダメージを受けて起こり、赤いブツブツができるものです。
かゆくなることも多く、かくことで更に皮膚の状態が悪くなります。

 

家庭用脱毛器はとり扱いに注意

また家庭用脱毛器で脱毛をされている方もいるでしょう。

最近では自宅で光を当てる方式の脱毛器がありますね。値段も通うよりも割安だし人気です。
しかし脱毛器での自己処理は、ヤケドや肌荒れなどのトラブルを起こす場合もあるので使用の際は注意が必要です。

 

脱毛は自己処理というのが一般的でしたが、実はトラブルが起こる可能性がないといい切れない昨今です。
自己処理で肌荒れするようならば、脱毛サロンなどでプロの脱毛をした方が良いかもしれません。
肌の状態をよく観察して検討して見ることが大切ですね。

 

ミュゼ「上野広小路店」|人気サロンで安心の脱毛トップページへ戻る